【オクトラプレイ日記】#3 戦闘民族ガートルードが強すぎた

スポンサーリンク
オクトラ ガートルード オクトラ-プレイ日記-
まさこ
まさこ

新たな闘技大会がついにきましたね!

更新が入り、新しく導きにプロメが追加され、

闘技大会では新たな王者ガートルードがやってきました!

王者は出た当日に倒すもの(違います)。

いっちょやってやろうじゃないの!



…..

…….

……….。



いやめっちゃ強くね?!

スポンサーリンク

舐めてかかったら大怪我させられた

予選はサクサクっとクリアして、いざガートルード戦。

なんと、たった一人じゃありませんか。



弱点も短剣・弓・炎と、高火力のキャラが多数いるもので、

こりゃまじ楽勝だなと、そう思ったわけですよ。

そのあとすぐに悲劇が起きました。



1ターン目 戦闘薬

なんか固有のやつ。物攻と速度アップ

2ターン目 大切断 + 闇重衝

??? なんか急に2回行動になったんだけど…

3ターン目 大切断 + 三叉両断

集中砲火受けたキャラが死亡…



いやいやいやいやw

めっちゃ強いやんけガートルードさん…

問題は2回行動の間に回復できないこと

ガートルードが攻撃してくる際に、最も厄介だと思ったのが、

「2回行動による1キャラへの集中砲火」



これのせいで、運ゲーで避けないと絶対に死ぬっていう絶望盤面になるんですよね。

しかも速度アップした時の速度が結構早くて、

回復するにも速さが足りない…。そんな状況になります。



2ターン目は速度を447〜342の間にすれば、

ガートルードの攻撃の間に行動できるので、

プロメの自動回復を挟んで凌ごうとしたんですが、

3ターン目はもっと早くなってる模様(なぜ?w)

どうしたらいいんだ….。

相手が速いなら遅くすればいい

キングカプカプベストや、速度を上げるアクセサリーで速度を補っても、

回復が間に合わずに死んでしまう。



速度を上げても無理なら、もう下げるしかない。

というわけで短剣弱点ということもあり、ニコラを起用。

ニコラのスパイダーファングで速度を15%ダウンさせてみました。



すると、ガートルードの2回攻撃の間に回復ができるようになりました!



これならいける!と思ったのもつかの間。



回復が間に合わず死亡

まじで強いなこの戦闘民族

輝いたのはアニエスだった

ガートルードが2回攻撃で、次ターンまでに体力が満タン出ないと、

次ターンの初回攻撃に耐えられないため、ミロードなどの即時回復を挟んでも、

そのあとの攻撃をケアできなかったら意味がない。

ということで自動回復が優秀なプロメを起用したものの、

回復量が足りず死亡。



どうしようかな〜どうしようかな〜と

ひたすらに悩んでもプロメで行くしかないと思ってしまう始末。



そんな中、運ゲー要素が強めだったので、

一応運悪く死んでも生き返るようにアニエスも起用していたのですが、

リジェネはターン終了時に回復するため、2回行動の間に回復を挟めないことから

回復担当として全然考えずに起用していました。



回復はケアルでの即時か、ターン終了時のリジェネしかないため、

今回は適切じゃないなと完全に考えから抜けており、

代わりに物防を上げるプロテスを採用までしてました。



ん?ちょっと待てよ



リジェネとケアルどっちも使えたら問題解決するんじゃね?



というのも、そもそもプロメを起用していたのは、

2回行動するガードルートの間に回復しつつ、

そのあとに攻撃を受けても回復できるようにするためでしたが、

回復が間に合わないせいでやられるのが難点でした。

(あわよくば攻撃参加も)



でもアニエスなら、

フルブーストで全体にリジェネをかけて、

2回行動の間にケアルを挟むことができれば、

実質プロメの自動回復と同じことができるんじゃないかと。



これが見事にはまり、

運ゲー要素を限りなく撤廃しつつ立ち回ることができました!

最後は超高火力で脳筋戦法!

アニエスのおかげで、序盤中盤がものすごく安定して、

どんどん体力を削ることに成功。



ただ、ガートルードの体力が赤ゲージになったあたりから、

急に3回行動になります。



これはもう回復も間に合わないので、

ひたすらシールド削りに専念しました!

最後はマジでギリギリ戦法しか出来なかったですが、

無事(瀕死ですが)にガートルードを仲間にすることができました!

運要素強めでの勝利でしたが、なんとか勝てて良かったです。



追憶の書で再戦もできるようになっているので、

もっと楽に勝てるように試行錯誤します!

それでは今回はこの辺で、ばいば〜い

まさこ
まさこ

マジで強かった


コメント